11月14日 学力向上推進委員会の振り返り

 14日には、第3回朝日町学力向上推進委員会が開催されました。
 この会では、全国学力学習状況調査の結果を踏まえて、町としての共通課題・教科ごとの課題に対して改善の方策を練り合い、課題解決に向けた実践事例を紹介するという取組を行っています。
 今回は、委員の先生方が行った実践とその効果を交流しました。この実践は、後日発行予定の「Rising Sun」に掲載し、町内外に広めていきたいと考えております。どうぞお楽しみに!

<委員の振り返りから>
Q:本町の児童生徒の学力を伸ばすためには、どうすればよいと思われますか。

・小中連携の継続(可能であれば互見授業等の現場での研修を行う)
・自分事として考え、表現する機会を増やすこと
・児童生徒がやりたい・やってみたいと思う学習にすること
・基礎・基本の定着
・ルールやマナーを守れるように学級経営を工夫すること
・話をよく聞く子の育成
・少人数授業・グループ学習ができるように授業を行うことができる教員を増やす
・「継続は力なり」よい実践の中から、教師が的を絞って継続していくこと。
(学校全体として共通行動すること。例:語彙を増やす。ペアトーク等)

カテゴリー: がんばる先生たちの研修の様子, センターにっき, 学力向上推進委員会 |

11月10日 あさひ野小学校創立20周年おめでとう!!

 先日10日、「朝日町立あさひ野小学校創立20周年記念行事」が開催されました。
 記念式典には、多数の来賓の方々が招待され、200名以上の参加者で盛大に行われました。「あさひ野っ子のあゆみ~20年目の誓い~」では、子供たちの呼びかけに合わせて、映像や歌を交えて統合から20年目までの歩みを心を込めて紹介してくださいました。
 午後の部では、記念講演会として大谷多賀子氏と追分 結氏による「記念演奏」が行われ、美しいハーモニーと観客を惹きつけるトークで大変盛り上がりました。
地域と共に歩んだあさひ野小学校。これを節目に、誓いを新たによりよい学校づくりへの歩みをまた一歩スタートされました。
 本当におめでとうございました。

カテゴリー: センターにっき |

10月31日 H31年度外国語科に向けての授業改善の視点を提案

 先日、10月31日(水)さみさと小学校にて「第2回外国語活動研修会」が開催されました。この研修会の目的は、小学校外国語活動で使用されている新教材「We Can」の活用法を知るとともに、H31年度からの教科化に向けてどのように授業改善を図り、中学校への円滑な接続を行うのかについて学ぶことでした。

公開授業の単元は、「We Can1 Unit 5の3時間目」で、三人称の表現に出合う場面を取り上げました。この単元教材は、第1回の外国語活動研修会で教材研究して、それを基に、授業者だけでなく外国語活動推進委員会が学習指導案の作成に携わったものでした。

この単元で取り扱わなければならない学習内容は、「Canをつかった表現への慣れ・親しみ」「三人称(He、She)への表現の広がり」です。この2つを子供たちがスムースに取り入れていくために、「音声の違いに気付く場面の設定」や「帯活動によるCanの表現への慣れ」を中心に単元構成を工夫しました。

本時では、帯活動において「Animals Cards Game」を用いてのcanを使った対話活動がありました。子供たちは、毎時間パターンを変えながら取り組んでいたせいか、とても慣れており、どの子とペアを組んでも「Can you~?」「Yes,I can~」「Are you ~?」「That’s right」というやり取りがとてもスムースに行われていました。帯活動の効果で「Canをつかった表現への慣れ・親しみ」が十分に達成されていることが分かりました。

その後、三人称との出合いの場面では、ALTとJTEによる「好きな人の紹介」を聞きながら、音声の違いへの気付きから三人称(He・She)の表現に出合うように設定されました。本田圭佑と安室奈美恵という子どもが興味を引く題材を基に紹介文を提示すると、子供たちは、耳をそばだてて聞き、すぐに「HeとSheの音に違い」に気付くことができました。その後のスリーヒントクイズの活動も、「He can~.She can~.」の表現に徐々に慣れていくように、段階を追って活動を仕組まれていたところがとても効果的であったと感じました。また、帯活動においてデジタル教材「Animals Jimgle」で初頭音に慣れる活動も、歌のように仕組まれ、自然と光景ができあがっていた現状に驚かされました。単元構成を工夫することで、こんなにも自然に表現の慣れ・習得へとつながっていくということがとてもよく分かりました。

事後研修会では、「単元構成」「帯活動」の2つの授業の視点からワークショップ形式で話合いを行いました。その後、東部教育事務所指導課指導主事 團 千加子先生に指導・助言を賜りました。その中で挙げられた成果は、「音の違いへの気付きから表現を広げる構成の工夫」や「帯活動(表現の継続)の有効性」、「写真やカード、ICT機器の活用による分かりやすさ」「指導者3人のモデルとしての高い意識」等でした。また、今後検討すべき点として「ねらいを達成するために必要なインプット・アウトプットする活動の仕組み方」「自分の思いや願いを表現しにくい子どもへの配慮(図画工作の作品紹介等)」「T1としての自覚、T2・T3との役割分担と打合せの時間の確保」等が挙げられました。

「授業に授業者の意図(思い)がある」ものというのは、必ず魅力のある授業だと思います。この授業には、「子供たちの実態・単元の中心が~だから、~なってほしい。そのために…する。」という授業者の願い・目的が明確で、表現・活動する楽しさを今日の子供たちは感じていたと思います。今回明らかになった「単元のゴール・中心となる表現を軸にして単元構成を工夫すること」「T1として意図(思い)をもって帯活動を継続的に行うこと」をぜひ日々の実践に取り入れるよう期待しています。

カテゴリー: がんばる先生たちの研修の様子, センターにっき |

10月30日 H31年度プログラミング教育必修化に向けてのチャレンジ!

 先日、10月30日(火)には、さみさと小学校にて「ICT(タブレット)活用研修会が開催されました。

5年生の公開授業では、算数科「図形の角を調べよう」という単元で「SPRK+」を活用した実践でした。「SPRK+」は、プログラミングに寄って制御できる小型ロボットで、タブレットを活用してプログラムした命令をロボットの動きで確認できるというものです。文科省が、プログラミング活用に勧めているこの算数科の単元で、「SPRK+」を活用して行う授業実践はまだ少なく、提案授業としてふさわしい授業でした。
今回の実践では、スピードと時間を固定して、曲がる角度のみを考えるよう設定し、子供たちの角に対する概念を「三角形の内角だけでなく外角もある」という気付きにつなげていく授業でした。
授業では、子供たち一人一人が「SPRK+」を動かす角度についての考えを事前にワークシートに書き込んで臨んでいました。そのため、グループでの言語活動は大変充実しており、互いに考えを出し合いながら、慣れた手つきでプログラムし、積極的に確かめていました。また、「描く方法を全員が説明できるように」という条件を付けていることで、グループ内での教え合い等も盛んに行われていたところが今までにないICTを活用した授業でした。
今回の授業は、外角という知識を教えるのではなく、子供たち自身がその角を見つけ出す授業でした。「知識の詰め込みによる理解ではなく、ロボット体験の中でプログラミング的思考力を働かせながら、深い知識・理解を得ることができた子供たちの姿」を観て、プログラミング教育の可能性の大きさを感じました。また、「一人一台」という個人学習という固定観念から脱却し、共同学習としての利点も示された授業であったと感じました。

事後研修会の後半では、富山大学准教授 長谷川春生先生から「新学習指導要領におけるプログラミング教育の位置づけと算数科・理科等での実践例」を詳しく教えていただき、大変充実した研修となりました。

 

先日の新聞記事に他県の現場の先生からこんな言葉が載っていました。
「何から手を付けたらいいか分からない。」と。

朝日町は恵まれたことに、町が積極的に環境を整備し、学校が積極的に活用する、いわば「ICT教育の先進地」として教育実践に取り組んでいます。今日の授業は、その成果を子どもの学習する姿で証明したものでした。これからも、「まず、チャレンジ」という積極的な気持ちを忘れず、ICTを活用した教育の推進に向けた町内教職員の意識と努力が必要だと感じております。

カテゴリー: がんばる先生たちの研修の様子, センターにっき |

10月4日 理科・生活科現地学習会で草花遊びを学ぶ

 10月4日(木)に朝日町理科・生活科現地学習会を笹川で開催いたしました。講師には、今年度も勝田栄造先生をお招きして「小学校低学年も楽しめる草花遊び」を教えていただきました。
今回挑戦した「草花遊び」は、「椿の葉を材料につくった草笛」、「笹の葉を折ってつくる笹舟」「椿の葉と竹を使ってつくる風車」「セイタカアワダチソウや竹の枝を使った笛づくり」を行いました。最初は、簡単につくることができる草花遊びから行ったのですが、音が鳴らなかったり、うまくつくれなかったりと悪戦苦闘する先生方の姿が多く見られました。特に、セイタカアワダチソウの笛づくりを成功したのは、最初3人しかいませんでした。先生方の、制作意欲が途絶えそうになっていた時に、竹を材料に作ってみると、なんとカエルの鳴き声のような低音が「ブー」。一気に盛り上がりました。全員が竹笛づくり成功!!素晴らしい研修の締めくくりとなりました。
勝田先生のお言葉
「なかなかうまくいかないことが大事。その時にいろいろ考えて、失敗し、また考えて・・・やっと成功することに意味がある。そういった体験をすることが子供たちのためになると思う。」まさに生きる力だと感じました。
勝田先生、今日までの準備並びにご指導本当にありがとうございました。

カテゴリー: がんばる先生たちの研修の様子, センターにっき |

第56回 朝日町児童生徒作品展を開催!

 第56回 朝日町児童生徒作品展が、9月29日(土)から30日(日)まで開催されました。 今年から、会場が朝日町図書館に変わり、今までと違った空間の中に、選りすぐりの58点の作品を展示することができました。
 今年の出品作品も、とても手が込んでおり、目を見張るものばかりでした。特に、入賞作品においては、人が考え付かないような発想や、観察や実験を根気強く継続している研究、また、科学的な考察から新たな課題を見付け、検証に努めている姿勢が素晴らしかったと審査員の方々がおっしゃっておられました。
 今年は、来場された方々のマナーがとてもよく、大切な作品を大事に観ていただきました。また、図書館に変わったことで、前年度より大幅増しの340人程度の来場者の方々が訪れて、大盛況のもと、作品展を無事終えることができました。ありがとうございました。

カテゴリー: センターにっき |

9月26日 学力向上に向けての熱心な話し合い

 9月26日(水)に第2回学力向上推進委員会が開かれました。今回は、学力学習状況調査の結果を基に、そこから見えてきた町内の子供たちに必要な学力を見い出し、各教科ごとに指導改善の方策を練りました。
学力推進委員の先生方は、結果や授業アイディア例を基に教科の特性と自校の実態に触れながら、熱心に話し合いを行っておられました。その姿から「町の子供たちの学力を高めたい。子供たちに必要な資質能力を育てたい。」という強い使命感を感じました。
学力推進委員会では、今後、各校にて指導改善の方策を具体化し、2学期に実施した成果を発刊物「Rising Sun」で報告する予定です。他の先生方も、学力推進委員とともにぜひ積極的に指導改善に取り組んでください。子供たちのために・・・。

カテゴリー: センターにっき, 学力向上推進委員会 |

9月18日 待ちに待った小学校秋季大運動会開催

 9月18日(火)に待ちに待った朝日町小学校秋季大運動会が開催されました。今年は、生憎の雨で、三連休の実施が難しいと判断し、平日開催となりましたが、会場には児童の勇姿を見ようとたくさんの保護者の方々が来られていました。
 「一生懸命の姿を見せて欲しい。」
 開会の言葉の松原校長先生のお言葉通り、児童は精一杯の走り、精一杯の演技、精一杯の応援をグラウンドいっぱいに表現していました。肩をぶつけ合いながら、競り合って走る姿。団の応援を盛り上げようと反り返って叫ぶ姿。転んでも、最下位でも、最後まで走りきる友達を励ます拍手。どれも観客を魅了する素晴らしい姿でした。
 児童の顔は、真剣な眼、満面の笑み、気合いみなぎる眉間、悔しさで涙など、普段なかなか見られない顔がいくつも見られました。つまり、普段学ぶことのできない「楽しさ・喜び、優しさ、苦しみ、悲しみ、仲間の大切さ」等を児童は学んでいるのです。これこそが、運動会の醍醐味だと改めて感じました。

カテゴリー: センターにっき, 各学校より |

9月6日 秋晴れの中の暑い熱い体育大会 朝日中

 大きな勢力をもった台風21号が過ぎ、  台風一過の秋晴れの中、朝日中学校では、待ちに待った体育大会が開かれました。今年は、平日開催という形で行われましたが、多くの地域の方、保護者の方が生徒の勇姿を観戦に来られていました。
「限界突破~燃え上がれ朝中魂 まだ見ぬ自分への挑戦」のスローガンの下、生徒はこの一日、この一瞬に限界以上に力を出し切ろうとする姿が、私たちの心を打ちました。
・動きを揃え、きびきびとした入場行進。
・「若い力」を大きな声で歌う姿。
・百メートル走・二百メートル走を歯を食いしばり、最後まで全力で走り切る姿。
・それをボンボンや踊りを交えながら精一杯の声で背中を押す素晴らしい応援。
どの姿からも、観ている方々が元気になる。応援したくなる。勇気をもらえる。そんな素晴らしい姿ばかりでした。
今日一日は、彼らにとっても、観ていた方々にとっても、暑い、熱い、一日となったになったことでしょう。この思い出を胸に、そのパワーを新たな目標に向かって発揮してくれることを願っております。

カテゴリー: センターにっき |

8月27日 魚津地区教育センター協業講演会「道徳講演会」

 8月27日(月)には、今年度最後の魚津地区教育センター協業講演会が開催されました。第三回は「道徳に関する講演会」として、京都産業大学 教授 柴原 弘志先生をお招きして、「道徳科の学習指導・評価の在り方」についてご教示いただきました。
 柴原氏は、学習指導において大切にしなければいけないこととして、「自己内対話」であるとおっしゃりました。道徳的価値や人間としての生き方を深めるためには、「自分が自分に自分を問う」時間を保障することが大切であると学びました。
 また、評価の面では、「評価の視点」と「評価の観点」を明確にし、その視点から教師の授業観察、ノート、発言などを基に、観点に沿って継続的に捉えること。そして、授業者自身も学習指導過程や指導方法に関する評価を行っていくことで、「深く考え、議論する道徳の授業」への転換を図ることができる。
 柴原先生のパワフルな熱い講演。これは、それだけ道徳科の授業改善を早急に図って欲しいという切なる願いにも感じられました。柴原先生にいただいたヒントを基に、2学期の授業改善を積極的にいっていきましょう。

カテゴリー: がんばる先生たちの研修の様子, センターにっき, 教育講演会 |